ワンルームを区切りふたつのコールセンターに。札幌市中央区の事例です。

お問い合わせ
札幌のリフォーム会社すけみつ施工例・事例

事務所内 間仕切壁設置工事

ホームページをご覧になりお問い合わせいただきました。

DATA

事務所内 間仕切壁設置工事
地域:札幌市中央区【札幌市中央区の他の施工例を見る】
リフォーム費用:約60万円
工事期間:3日間
施工内容:間仕切壁造作・グラスウール施工・クロス貼り
施工年:2018年

DATE

施工前の様子

パーテーションで応接室を仕切っているだけの、約60㎡のワンルームでした。

施主様からのご要望

約60㎡のワンルームを2社合同で使用しそれぞれコールセンターを設立する。
そのため間仕切りを設置し、下記要件をクリアした2部屋にしたい。

①それぞれ内法20㎡以上必要。

②それぞれ鍵付きの扉を設置。

③電話している声が隣に聞こえない程度の防音。

 

施工のポイント

お客様のご要望は、現状仕切りのないお部屋を間仕切る事でした。各お部屋は法律上20㎡必要との事で、何度も打ち合わせを重ねた上、
各お部屋を広く使えるように設計いたしました。

施工前後の図面

 

●施主様ご要望の要件①②は法律上必要で、①は特に施工後に変更は出来ないので、間違いのない様に何度も確認しました。

●要件③は、天井から床まで間仕切りを設置し、中に遮音性のある断熱材・グラスウールを施工する事で通常のマンション程度の防音性を確保しました。

●梁が多い建物でしたので、すき間からの音漏れがない様に、壁の取合いに気をつけました。

●遮音性とご予算を考え、木造の間仕切壁を採用しました。

施工の様子

まずは大工さんに、間仕切り壁の土台となる下地を作ってもらいます。

下地施工中

ていねいに墨出しをし、直線・位置・部屋の広さなど間違いが無いか確認しながら作業します。

下地凸凹

梁部分や見切りなどによるデコボコにも合わせて施工します。

 

↓

下地が完成したら、壁となる「石膏ボード」を貼っていきます。

ボード施工中

こちらもデコボコに合わせていきます。

ボード凹凸

ここで隙間が多いと、断熱・防音効果が薄れてしまいますし、見た目も良くありません。隙間をしっかりと塞ぎます。

 

↓

片面のボードを貼ったら、断熱・防音効果のある『グラスウール』を施工します。

グラスウール施工中

もう片面のボードを貼ったら間仕切り壁は完成です!

壁施工中

↓

続いては、扉の施工です。

壁の開口に合わせ扉を設置します。 まずは枠を作成・設置し・・・

扉1

丁番を付け、建具を取付けます。

扉2

ドアノブを付け、開閉具合や鍵を確認し・・・

扉3

戸当たりをつけて完成です!!!

扉完成

↓

 

大工さんが終わったら、クロス職人さんの登場です!

クロス施工中

クロスを貼っていきますが、新しい壁にはボードの継ぎ目があります。
必ず「パテ」という材料で下地を処理し、継ぎ目やビス穴を埋めてから壁紙を貼ります。

クロス完成

継ぎ目のない綺麗な壁になりました!

最後にソフト巾木を設置し、完成です!!

巾木

担当者からの一言 【堀内 武尊】

堀内武尊オフィスビルのため夜間工事になりましたが、お施主様はじめ管理会社様や警備会社様、他のテナント様も快くご協力してくださったので、とてもスムーズに施工できました。
間仕切壁は今回のような木造の他、アルミ製やスチール製などでも設置可能ですので、用途やご予算に合わせたご提案をさせていただきます。

担当者別施工例一覧

>>堀内担当施工例一覧はこちら

担当者からの一言 【渡邉 隆義】

担当者渡邉夜間工事でしたが、特に問題もなく段取り良く施工することが出来ました。
他にアルミパーテーションやスチールパーテーションも多数施工していますのでお気軽にお問い合わせください。    

 
 

他の施工例はこちらからご覧いただけます
施工例一覧ページへ戻る