お客様が所有する倉庫の排水管の凍結を解氷しました

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつ施工例・事例

凍結した排水管の解氷作業

スノーダクトの凍結でご連絡いただきました。

DATA

山本養蜂園様 排水管解氷作業
地域:札幌市白石区 【白石区の他の施工例を見る】
施工期間: 1日
リフォーム費用: 約15万円
施工内容:
凍結した排水管の解氷・亀裂の入った箇所の復旧
施工年:2013年

亀裂修復後

 

施工前の様子

お客様が所有する3階建て倉庫の1階床面が水浸しの状態でした。
3階の排水管に亀裂が入っており、その部分から水が溢れ、壁をつたって1階まで落ちていったようです。
亀裂の入った箇所の直ぐ近くに排気口があり、そこからの冷気で排水管内の水が凍結したようです。

一階倉庫
水浸しの一階倉庫

3階排水管
亀裂が入った三階の排水管


 

施主様からの要望

「排水ダクトの水が凍っているため、融かして欲しい。」とのことでした。

 

施工のポイント

状況を確認すると、3階のダクト接続部分が裂けているため、その部分を中心に解氷作業をすることにしました。

排水管(塩ビ管)にドリルで小さな穴を開け、氷を溶かすための蒸気注入口を作ります。
下の写真は穴あけ後の排水ダクトです。

排水ダクトに穴をあけました

穴から蒸気を入れ、氷を溶かします。

蒸気注入中

今回使用した蒸気ボイラはこちらです。

蒸気ボイラー

30分程解氷作業を続けましたが相当凍り付いており、
上からの解氷作業では融かしきれませんでした。

今度は、職人と一緒に2m程雪を掘り起こし排水枡を探し、下から解氷作業をすることにしました。

雪かき

下から解氷すると、融けた水が排水されるため、効率よく作業ができます。

下から蒸気注入中

解氷作業を終了したのち、亀裂の入った箇所を復旧しました。

亀裂部分の復旧作業1

亀裂箇所をカットし、

亀裂部分カット

新しい排管を接続します。

新しい排管を接続

最後に防火材を巻いて作業完了です。

作業完了

排水管氷解作業及び排水ダクト復旧作業は動画でもご覧いただけます。
普段見ることのできない現場の様子をぜひご覧ください!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

担当者からの一言 【田川 学】

田川学スノーダクトの凍結は、雪解けが始まる冬の終わり頃から、春の始まり頃に集中します。

ダクトのゴミ詰り、排水管の断熱不足、天井裏の断熱不足、冷気がダクトに直接吹き付ける場合など、凍結の原因は様々あります。

無落雪住宅にお住まいの方は、年に一度、スノーダクトのゴミ掃除をすることをお勧めいたします。

リフォームメニューへ
水まわり設備から手すりまで、場所別、目的別に住宅リフォームをご案内!
施工例へ
実際に施工した事例をテーマに分けて一覧にしています。施工費用も掲載!
法人のお客様向けリフォームメニュー
オフィス、店舗、ビル・マンションオーナー様向けのリフォーム情報が集結!