北海道仕様のカーポートをご紹介いたします。札幌でカーポートを検討するなら春夏に!お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつメイン画像

カーポートをご検討の際はぜひすけみつへご相談ください。アドバイザーが商品の選定と設置場所の検討を行い、アドバイスさせていただくと共に、束石が良いか基礎工事が必要かなど現場状況をしっかり確認した上で長く、安心してお使いいただける施工を責任を持って行います。

カーポートを賢く選ぶ

豪雪に耐えるカーポートカーポートは北海道の厳しい気象条件『雪・雨・太陽光』から愛車を守る必須アイテム。でも、購入する方のほとんどが『初めて』のお買い物…ということが多く 商品選びの際どんな点に気をつければいいか「よくわからない」という例がほとんどです。
こちらでは、北海道のカーポート選びに重要な条件をピックアップいたしました。 ご参考いただき失敗のない商品選びにお役立てください。

 

 

カーポートの設置時期はいつが良いのでしょう?
外構工事ですので、降雪地域である札幌では雪が降る前がいいというのは分かるかと思います。でもそれだけでしょうか?

こちらではカーポートを検討する最適な季節をご案内します。

カーポートの設置は春・夏がベストです。

ほとんどのメーカーは、年度の始まりにその年のカーポート製造数を決めてしまいます。
ですので春夏であれば、たくさんの種類のカーポートの中から希望に合う商品を選び設置することが可能ですが、秋以降になると人気の商品ほど早くに無くなってしまいます。遅すぎるとどこのメーカーも販売終了してしまい、せっかく新しいカーポートを設置しようと思っていても「希望の商品がない。」「ほとんど売り切れている。」ということになります。
その場合は残念ながら年度をまたいで次の年に… ということになってしまいます。

昨年も、秋以降にカーポート設置をご依頼いただいたお客様が多数おられましたが、残念ながらご案内することができないこともありました。

カーポートをご検討されるなら冬の間からリサーチし、雪が溶けたらお早めにご依頼くださいますようよろしくお願いいたします。

YKKのカーポート

 

カーポートを選ぶ際のチェックポイント

  耐雪仕様・耐雪量
耐積雪強度をあらかじめチェックしておく必要があります。 地域により異なりますが、札幌では積雪高1.0〜1.5mまでと表示されているものを選ぶことが望ましいです。
積雪高1.5mと書いてあれば、積雪が1.5mに達する前に雪降ろしが必要ということになります。
  自由設計
「ここにこのように配置したい」「うちの車は車高が高い」など必要な条件はさまざまです。希望に添った設計ができるかどうかチェックしてください。
  錆対策
最近のカーポートはアルミ材が多くサビに強いイメージがありますが、鉄製の物との接触により赤錆が発生してしまう場合があります。小さな錆が広がると腐食しカーポートの寿命が短くなります。
耐食性を追求し工夫した商品を選ぶと、それだけカーポートの耐用年数が長くなります。
  スムーズな乗降
カーポートと車の乗降乗り降りの際ドアに柱が当たりませんか?無理な設計は失敗の元です。
後部ドアを開けた時の状態もチェックポイントです。

カーポートのタイプとオプション

1台〜4台用がございます。 横並びに置く形が標準ですが、縦列タイプもございます。

他にも、雪や雨の進入を防ぐ横パネルや流れる雨を受け一箇所に流す工夫があるもの、 屋根の雪のズリ落ちを防ぐ雪止めの金具など、一工夫のある商品がおすすめです。
物干し竿や上吊棚、照明などのオプションがあるメーカーもあり、ガーデニングがお好きな方には横パネルをラティス仕様にすると、プランターを下げおしゃれなエクステリアを 演出できます。

RC造住宅に取り付けるカーポート

住宅がRC造の場合、住宅の壁面にカーポートを取り付けることができます。鉄骨をケミカルアンカーで壁面に取り付けており、1〜1.5mの積雪に対応します。
>>施工例にて詳しくご覧いただけます

カーポートQ&A

Q:耐用年数はどのくらい?
土地、基礎工事をしっかり行っているかなどで違ってきますが、アルミ製のものでおおよそ30年は持つといわれています。
Q:メンテナンスの必要は?
万一錆を発見したらそのままにせず早めに対処しましょう。磨き粉で軽くこすったあとサビ止め材を塗ります。酷い錆の場合はすけみつへご相談ください。

photo by tostem

カーポートのおすすめ商品
>>カーポートのおすすめ商品を集めてみました

リフォームメニューへ