札幌や札幌近郊地域で中古マンションをリノベーションしようと計画している方のための情報です

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつ中古マンションリノベーション

ホーム > リフォームメニュー > リノベーション> 中古マンションリノベーションのポイント

中古マンションをリノベーションする

イメージ

結婚や出産を機に住まいを求めたり、家族構成の変化や、病院に通う…などの理由で持ち家を売り、たとえば都心に近いマンションに移り住もうかと考えはじめた方に、今この時代、新築マンションの購入よりも中古マンションを求めリノベーションされることをおすすめいたします。

リノベーションとは、古いマンションの基礎となる枠組み以外を取り払い、住む人の現在〜未来の生活環境を考慮した仕様に変更し、また設備や配管配線に至る、見えない部分まで修復を行い長く住めるよう改装することをいいます。 (マンションリノベーションページ参照)

では、中古マンションを購入し、リノベーションすることのメリットとはどんなことがあげられるのでしょうか。

 

中古マンション+リノベーションを選ぶことのメリット

中古マンションをリノベーションすることのメリットと言えば一番は、新築に比べ費用が抑えられるので、お財布に優しいということ。
そして、このような意識が浸透すると、老杤化したマンションを容易に解体しない風潮が広がり、ごみの排出を抑え環境にも良い影響を与えます。
質の良い中古マンションを選べば、新築マンションに勝るとも劣らない満足の住まいを得ることができるでしょう。

新築に比べ費用が抑えられるのでお財布にやさしい

ごみの排出を抑えるため環境にも優しい

自由度の高い設計で自分に合った部屋作りができる

 

中古マンション購入の注意点

中古マンションの中には最初の建築工法によって骨組み状態(スケルトン)に出来ないものもあります。
スケルトンに出来ないということは、間取り変更がしにくい、リノベーションがしにくいということなのです。
こちらで「リノベーションできないマンション」についてご案内しております。ご参照いただき購入の際はご注意ください。

 

中古マンション購入のポイント

中古マンションリノベーションを前向きに検討しようとお考えの方のために、物件選びのポイントをまとめてみました。
中古マンション選びには、周辺環境・建物・権利などさまざまなポイントや注意点があります。
以下にあげる項目が全てと言うわけではありませんが、最低限必要なポイントとして検討材料にしていただければと思います。

 

周辺環境

周辺環境はどうか方角・周辺環境はどうか・騒音などの問題はどうかなど、立地条件を考えることはとても大切です。
札幌や札幌近郊地域では、アクセスの良さや車を使用する方は、冬の渋滞状況なども把握するべきでしょう。
ペットの鳴き声や交通事情などさまざまなことを確認するため、いろいろな時間に何度も足を運ぶことをオススメします。

 

管理状況

管理状況はどうかどこが管理しているのか・実績や規模はどのくらいか把握しましょう。
たとえば、札幌のマンションでもオーナーが遠方で管理も不十分ですと、なにかあった時なかなか対処してもらえません。
共有部分(例えば 廊下の電球が切れたままになっていないかなど)・共同のごみ置き場の状態・補修や修繕が定期的になされているか、などで管理会社の姿勢や共同住人の意識が垣間見えます。長く快適に住むために是非自分の目で確かめましょう。

 

管理規約

管理規約確認するリノベーション工事をする場合、リノベーションの工事をしても大丈夫かどうか必ず確認しましょう。フローリングの防音規定があるかどうか、工事前の提出書類の内容など、しっかり確認し、検討してください。

 

修繕履歴・計画

修繕履歴や計画を確認する管理会社に、必ず修繕履歴や修繕計画も聞いてみましょう。
しっかり管理された中古マンションは、適切な時期に適切なメンテナンスが行われているはずです。

 

耐震診断

耐震診断を確認する1981(昭和56)年6月1日以降に建築確認の許可が下りている建物は、現在の新築物件と同じ耐震性があります。資産価値が高いマンションの中には、すでに耐震補強工事を行っているものもありますので、確認することをお勧めいたします。

 

土地の状態

所有権か借地権かマンションには所有権か借地権かの違いがあります。
購入する物件が所有権であれば、いったん購入すれば自分のものになります。
借地権のマンションでは、30年とか50年とかいった契約期間が満了すればもうそこに住むことが出来ませんが、その分価格が安くなります。

 

設備状況・駐車場など

設備状況・駐車場などの確認売主が敷地内の駐車場を使用していたとしても、そのまま引き継がれる訳ではないので駐車場に関しても確認が必要です。
駐車場・駐輪場などがあるか、使用料金はいくらか、インターネットの設備はあるかなど設備の状況も確認しておくとよいでしょう。

 

ローンの有無

住宅ローンを利用できるかどうか中古マンションを購入し、リノベーションして住もうと考えた場合、マンション購入金額とリノベーション価格の両方を合わせた金額でローンを組ことができるか確認しましょう。
ローンを利用できるかどうかは、購入者の収入や職業で制約がある場合もございますので予め確認しておくことが大切です。

 

ペット飼育できるか

ペットと暮らせるかどうか他の入居者がペットを飼っているから大丈夫。と言えない場合があります。
何らかの理由で途中からペット飼育が不可になった物件もあるのです。
ペットとくらしたいと考えている方は、必ずペットの飼育が可能な物件かどうか確認しましょう。マンションによっては体重や体高の制限を設けていることもありますので、どういった種類のペットを飼いたいのか(飼っているのか)を売主に伝え、飼育が可能かどうか確認するとよいでしょう。

 

売却する理由

売却理由の確認転勤などが理由で売却するのであれば問題はないかと思いますが、例えば「ご近所トラブルがある」「上の住人がうるさい」「近くに高層マンションが建つ予定がある」などが売却理由の場合日常生活に悪影響を及ぼします。ですので遠慮せずに売却の理由を確認してください。

 

未収金の有無

未収金の有無の確認売主に管理費や修繕費など未払いがある場合、そのまま契約してしまうと買主に支払い義務が引き継がれてしまいます。売買契約前に必ず説明を受け、納得した上で契約してください。

 

何を買って何を買わないのかを明確に

付帯設備の確認照明やエアコンなどの設備が売買代金に含まれているのか否かをはっきりさせ、必要ないものは売主側に処分してもらうようにしましょう。付帯設備確認書などを取り交わしておくと安心です。

 

電気容量

電気容量の確認マンションの場合、一棟全体で供給される電気の総量が決められているため、簡単に増量することが出来ません。なので、以前 何アンペアで契約していたのか・増量したい場合にはそれが可能かどうか確認しておくと良いでしょう。

最近札幌のマンションでよくオイルヒータを購入する方がいますが、アンペアが低いまま使用するとしょっちゅうブレーカーが上がってしまうようです

 

リノベーションし易い構造かどうか

リノベーションしやすい構造かどうか鉄筋コンクリートのマンションは大きく分けて、柱・梁で支える「ラーメン構造」のものと、壁と床で支える「壁式構造」の二つがあります。間取り変更をお考えの場合は、壁を取り外すことができ、空間を自由にデザインできるラーメン構造のほうが向いているといえます。間取り変更をしない方向であれば壁式構造でも問題はありません。

 

 
中古住宅リノベーションはこちら
中古住宅リノベーションはこちら