ダクト回りを掃除しステンレス製のダクトカバーを設置した札幌市豊平区の施工例です

お問い合わせ
札幌のリフォーム会社すけみつ施工例・事例

札幌のリフォーム店すけみつトップ > 施工例・事例一覧 >ステンレスダクトカバー設置工事【札幌市豊平区】

ステンレス製ダクトカバー設置工事【札幌市豊平区】

すが漏れを防ぐために、雪が降る前にチェックしてほしいスノーダクト屋根のダクト部分。
今回は古いスノコを撤去しダクト回りを掃除して、ステンレス製のダクトカバーを設置した施工例をご紹介します。

DATA

ステンレス製ダクトカバー設置工事【札幌市豊平区】
地域: 札幌市豊平区【札幌市豊平区の他の施工例を見る】
施工期間: 設置半日(ダクトカバー製作 10日)
リフォーム費用: 約20万円
施工内容:
既存スノコ撤去、ダクト清掃、スノーダクトのダクトカバー設置
施工年:2013年

ダクトカバー

 

施工前の様子

木製のスノコをフタ代わりにしていたが、腐ってボロボロになっておりました。
朽ちた木材が、ゴミとなりダクトが詰りそうな状態でした。

施工前の屋根の状態

 

施主様からの要望

「丈夫で長持ちするダクトカバーを希望。」とのことでした。

施工の様子

それではステンレス製ダクトカバー設置の様子をご覧ください。

まずは施工前のスノーダクト屋根の様子です。
スノコに劣化が見られます。

施工前の屋根

↓

まずは、風雨にさらされて朽ちた木製のスノコの撤去を行いました。

スノコ撤去中

↓

木製のスノコは、釘やビスを使用しているため、
屋根やダクト内を傷つけないように、慎重に撤去・解体作業を行いました。
また、ダクトの穴にゴミが落ちないよう、養生テープで塞いでダクト内を清掃しました。

スノコ撤去掃除後

掃除後のダクト

↓

ダクトの大きさに合わせて制作したダクトカバーを設置します。

ステンレス製ダクトカバー設置中

もちろん、単純に乗せる訳ではなく、ダクトの開口寸法に合わせて制作したダクトカバーを
軒先に引っ掛けるように設置し、反対の軒先に留め金で止めます。

軒先に引っ掛ける

今回、ステンレス製のダクトカバーを設置する際、
材料の切り口が屋根の塗装を引っかいてしまうトラブルが発生してしまいました。
設置後、塗装屋さんに傷ついた箇所を手直ししていただきました。
今後はこのようなことが無いよう、更なる工夫と対処法を考えてまいります。  

↓

施工完了後の屋根をご覧ください。

施工後のスノーダクト屋根

ダクトを横から撮影

ダクトを接写

担当者からの一言 【田川 学】

田川学木製の簀(スノコ)は、安価で手軽な工事が優れておりますが、防腐・防水作用が弱くなると、水分を含み腐食し朽ちてしまいます。その木くずが、ダクトを詰まらせる要因になる場合もあります。また、単純にダクトの上に乗せただけだと、突風で飛ばされる危険もあります。

ステンレスは、キッチンのシンクに使われるほど錆に強く、またアルミよりも重いため風の影響を受け難いため、ダクトカバーの素材として採用しました。

無落雪住宅には必須のスノーダクトですが、スガ漏りの原因の代表格です。 ゴミが詰まったり、冷たい風がダクトに直接吹き込むことを予防するためにも、ダクトカバーを設置しましょう。

 

スノーダクト屋根についてはこちらからご覧ください。
漏水対策

他の施工例はこちらからご覧いただけます
施工例一覧ページへ戻る

屋根の雨漏り・すがもれはこちらもご覧ください。
雨漏り・すがもれ