アスファルト舗装したい、ウッドデッキが壊れたので撤去したい、とのご依頼でした

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつ施工例・事例

札幌のリフォーム店すけみつトップ > 施工例・事例一覧 >外構のアスファルト舗装工事【札幌市清田区】

外構のアスファルト舗装工事【札幌市清田区】

浴室ドアの交換をきっかけで、本工事の相談を受けました。

 

DATA

外構のアスファルト舗装工事【清田区】
地域: 札幌市清田区【札幌市清田区の他の施工例を見る】
施工期間:

  • ウッドデッキ解体撤去 1日
  • 掘削・砕石・転圧・民地石布設、ロードヒーティング
    パイプ切断、電気配線延長 1日
  • アスファルト打設・転圧、パイプ周辺モルタル埋め、
    ロードヒーティングパイプ接続 1日
リフォーム費用: 約50万円
施工内容:
ウッドデッキ解体・撤去
外構工事(アスファルト舗装、ロードヒーティング・電気工事含む)

施工年:2013年
交換後の浴室ドア

 

施工前の様子

経年劣化によって木材が腐食し、大雪による積雪で、ウッドデッキが壊れたとのことでした。
最近では、ウッドデッキを使うことがなく、メンテナンスをしていなかったようです。

施工前のウッドデッキ

 

新規にアスファルト舗装する範囲に、ロードヒーティングのパイプが通るため、パイプを保護するための処置が必要と判断しました。

アスファルト舗装する範囲に、電気配線とボイラーのリモコン用配線が地中に埋めてありましたので、配線の処理も必要と判断しました。

こちらの現場は、アスファルトを舗装する前に、外壁工事を行っております。

 

施主様からの要望

「ウッドデッキが壊れたままだと、美観も悪いので、撤去をしたい。」
「もう1台車を止めるスペースが欲しいのでアスファルト舗装をして欲しい。」 とのことでした。

施工の様子

ウッドデッキの解体は、大工さんにお願いしました。 半日程度で解体し、分別処理をしたあと、廃材処理を行いました。

ウッドデッキ解体後

↑ウッドデッキ撤去後の様子

 

下は、今回施工したアスファルト工事の工程を簡単に説明したものです。
アスファルト舗装の工程図

 

小型のショベルカーで掘削を行いました。 既存アスファルト(ロードヒーティング)を傷つけないよう、コンパネとシートで養生をしてトラックやショベルカーの乗入れを行いました。

養生して掘削

↑しっかり養生しています

ショベルカーで掘削

↑掘削中です

掘削完了

通常、アスファルト舗装をする際、30cm程度 掘削しますが、今回、既存のアスファルト面より10cm以上の盛り土をしているため、最終的に45cm掘削を行いました。

 

掘削に邪魔な電気配線・リモコン配線は新しいもので延長し、配線し直しました。

電気配線延長

 

ロードヒーティングのパイプは、一度切断しました。
パイプ下を掘削し、砕石後、転圧しっかり行った後で、パイプの復旧をしました。

ロードヒーティングパイプ切断

 

掘削後、水勾配をとるための最終確認を行い、民地石を敷き詰めました。

※民地石とは、隣地との境界や住宅敷地内の区画分け、花壇などに使われる仕切りのことです。

民地石設置

 

その後、砂利を入れます。 砕石にはいくつか種類があります。 石の角が取れたものが、好ましいとされています。

砂利の形状による安定性の違い

角のある石を使うと、転圧する際、角と角が引っかかり石と石との間に隙間が出来やすいためです。

砕石・転圧を行いこの日は、終了です。 

 

砕石投入

↑砕石を投入しています。

転圧中

↑転圧作業中です。

後日、ロードヒーティングのパイプを復旧しモルタルを盛って補強しました。

 

最終日、犬走りに砂利を入れ直し、アスファルト舗装を行いました。 まずは大雑把にアスファルトを盛り、転圧かけます。
水勾配を確認しながら調整を行い しっかり転圧をかけます。

アスファルト舗装工事中

 

アスファルト舗装の様子を動画でもご覧ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

最後に、既存アスファルト面を清掃し全工程を終了しました。

清掃の様子01

 

完成した外構の様子をご覧下さい。

アスファルト補修後の様子(全体)

アスファルト

アスファルトの様子

 

お客様からの一言

しっかり工事を行っていただき、大変助かりました。
アスファルト舗装にしたことで、草木の掃除も楽になりよかったです。

車の駐車スペースが広がり、とても快適に過ごしています。

担当者からの一言 【田川 学】

田川学大きな問題もなく、無事工事を終えることができました。
冬場に、工事後の確認をしにお客様宅にお伺いいたしましたが、ロードヒーティングも問題なく作動しているようで安心しました。たまに、アスファルトが部分的に凹んだりしますが、今のところ、そのような現象も出ていないようでした。
今回は、工事場所が奥まった場所だったり、ロードヒーティングや電気・リモコン配線などがあったため、実工事日程が3日間となりましたが、通常これくらいの範囲であれば、アスファルト舗装は1日ないし2日で仕上げることが可能です。

より小さい範囲のアスファルト舗装も承っておりますので、是非一度、ご相談ください。

クロスについてもご覧ください
クロスについて

トイレについてはこちらもご覧ください。
トイレリフォームについて

他の施工例はこちらからご覧いただけます
施工例一覧ページへ戻る