駐車スペースのアスファルト舗装工事とガーデンブロックの付け直し、裏庭の整地を行った札幌市北区施工事例です。

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつ施工例・事例

札幌のリフォーム店すけみつトップ > 施工例・事例一覧 >駐車スペースの舗装工事、裏庭の鋤取り・整地 他【札幌市北区】

駐車スペースの舗装工事、裏庭の鋤取り・整地 他【札幌市北区】

砂利が敷かれていた駐車スペースをアスファルトで舗装し車止めを取り付けました。併せて裏庭の整地とガーデンブロックの付け直しも行いました。

DATA

駐車スペースの舗装工事【札幌市北区】
地域:札幌市北区【札幌市北区の他の施工例を見る】
施工期間: 2日
1日目:路盤工事、民地石敷設+ガーデンブロック付け直し
2日目:アスファルト敷設
リフォーム費用: 約50万円
施工内容:アスファルト舗装工事・民地石敷設・ガーデンブロック付け直し・裏庭の鋤取り・整地
施工年:2017年

アスファルト舗装後の写真

 

施主様からの要望

●家を購入したときに、施主様自身で敷設したガーデンブロックが土圧で倒れており、これを直したい。
●駐車スペースを舗装にして、車止めが欲しい。
●裏庭部分も草刈など大変なため防草シートを敷きたい。

施工前の様子

ホームページをご覧になってお問い合わせをいただき、近くの現場から直行し、現地調査・採寸などを行いました。
舗装をする際は、水勾配が取れるかどうか、アスファルトを何所に擦り付けるか、埋設物がないかどうか、などを確認していきます。 
また、路盤工事は重機のショベルを使用し掘削や砕石をするため、重機が入るスペースがあるかどうかもしっかり確認します。

施工前の様子

施工のポイント

ガーデンブロックの付け直しでは、近くにある植栽の根を痛める危険があるため事前にお客様にはご了承をいただき、付け直しを施工をしました。
ガーデンブロックの下は、ズレ防止のためモルタルで固めていますので、前よりもズレ難いと思います。

ガーデンブロック施工後

 

裏庭は鋤取り(すきとり・一定の厚さに薄く土砂をけずりとること)・整地後に防草シート敷設と化粧砂利の敷設をご提案しましたが、予算の関係上今回は鋤取り・整地までとなりました。
裏庭には木の根があったり高低差が30cm~40cm位あるところもありました。

裏庭鋤取り中

 

駐車スペースの掘削は30cm、砕石は27cm、アスファルト舗装は3cmの仕様で施工しました。
掘削は、アスファルト舗装の仕上がりレベルを考えながら掘っていきます。

掘削1

掘削2

 

砕石をいれ転圧をかけしっかりと路盤を締めてから、民地石を敷設していきます。
民地石のズレを予防するため、民地石の下はモルタルで固めています。

民地石

 

車を止めるスペースを作るため、1日目で路盤まで終わらせ駐車スペースを確保します。

 

2日目は仕上げのアスファルト舗装を朝から行いました。
水勾配を考慮しながらアスファルトを敷設していきます。

アスファルト舗装2

アスファルト舗装1

最後に車止めを接着剤とアンカーで止めて終了です。

アスファルト完成

今回はアスファルトを家の基礎部分に擦り付けていますが、最近では基礎の表側にスタイロフォームで外断熱をしているケースがあり、その場合アスファルトの熱でスタイロフォームが溶ける恐れがあるため確認が必要です。
基礎が外断熱仕様の場合は基礎の手前に民地石を敷設します。

アスファルト基礎にすりつけ

 

工事は2日間で終了ですが、アスファルトが熱いうちはとても柔らかく凹んでしまうため、
実際に車を止められるのは次の日の夕方になります。
止める際も、舗装路面で前タイヤを回すと掘れてしまいますので気をつけてください。
急ハンドル・急停止はタイヤの跡が付きますので、最初の1週間は特に注意が必要です。

 

お客様からの一言

キレイな仕上がりに満足しています。車を止めるのが楽しみです。
ガーデンブロックもキレイに直っていて嬉しいです。


担当者からの一言 【田川 学】

田川学駐車スペースを舗装すると、家の外観がワンランクアップしますのでオススメです。
夜に車で帰ってきた際も、砂利だと結構な音が周囲に響きますが、 アスファルトは静かに止められますので周囲を気にすることがありませんし、砂埃も少なくなります。
また、冬の雪かきがキレイに出切るため、大きなヘコミなど出来にくいのも大きなメリットです。

クロスについてもご覧ください
浴室コーティング塗装について

 

他の施工例はこちらからご覧いただけます
施工例一覧ページへ戻る