七五三参りの前に畳の表替えをしませんか?

 

七五三に向けて。

七五三のイメージ写真

北海道の11月は寒いので、10月に七五三参りをするのが一般的ですが正式には11月15日が七五三参りの日ですね。
古くは男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳でお祝いしていました。
今はその限りではなく、兄弟で一緒に一度だけというご家庭も多いと聞きます。

昔は栄養状態や衛生状態の悪さから小さな子供のうちに亡くなることが多くありました。
七歳まで生きていられる確率が少なかったということですね。なので、元気に成長してくれたことをお祝いする儀式として定着していったといわれています。

この晴れの日に、正装したかわいらしくも頼もしい我が子と一緒に神社に行くのは親にとってこの上もなくうれしいことですよね。
今は写真館などで衣装をレンタルし着付けもしてもらうことが多いのかもしれませんが、母が子供のころに着た着物を娘にも着せて… などというご家庭もあるのではないかと思います。
私も姉が着た着物を私が着て、姉の子供も着て、うちの娘も着て… と三歳の七五三は皆同じ着物を着てお祝いしました。
もちろん自宅で子供の着付けをするのですがそんな時は整えられた和室があるといいですね。
表替えしたさわやかな和室で着付けをして、近所の神社で祝詞をあげてもらって、お家でお食事会をする。
お食事会はもちろん和室で! 手巻き寿司なんかをみんなで食べてお祝いするのはいかがでしょう。
着物と和室はやっぱりよく似合います。

七五三の前に和室のリフォームしませんか?
表替えしてふすまも張り替えて、美しいお部屋でお子様・お孫様の成長を祝いましょう。
この機会に是非ご検討ください。

 

畳替えの参考に当社で行った施工実例もご覧ください!
施工例を見る

 

この機会に畳替えをお考えならお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ