節分に向けて畳を新調しませんか?節分は立春の前日の2月3日です。

 

新しい畳で節分を迎える

節分イメージ写真

節分・豆まき・恵方巻き・・・ 
楽しい節分が近づいてきました。豆まきの前に畳をキレイにしませんか?
表替えや新畳でキレイになった和室に豆をまいて福を呼びましょう!

さて、この豆まきの行事の由来を知っていますでしょうか?
もともと節分とは季節の変わり目「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを指していました。
春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、いつの頃からか、その中でも立春の前日だけを「節分」と呼ぶようになったようです。

豆まきの行事は、中国から伝わったとされています。「豆=魔滅」に通じ無病息災を祈るという意味があるようです。

今のご家庭では、その限りではありませんが、豆まきは一般的に一家の主もしくは、その年の干支に生まれた人が豆をまくものなのだそうです。そして、自分の数え年の数だけマメを食べるとその年一年健康に過ごせると言われています。

さて今年の節分は、誰が鬼になって誰が豆をまくのでしょう?
何はともあれ、美しい和室ですがすがしく豆まきをしてもらいたいものです。

すけみつが提供する『エコファーマー畳表』は、残留農薬が無い安全な国産畳表をご用意しておりますので、豆をまいた後も安心して歳の数だけ豆を食べていただけます。

この季節に畳替えはいかがですか?
表替え・新畳をお考えならお気軽にお問い合わせください

畳替えの参考に当社で行った施工実例もご覧ください!
施工例を見る

 

この機会に畳替えをお考えならお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ