畳ナビ・札幌のすけみつ

札幌白石のすけみつが畳床についてわかりやすくご案内しています。

ご注文・お問い合わせは フリーダイアル:0120-533-888

 
畳の表替え

畳床の種類

畳床とは、たたみにクッション性、断熱性などを与えるたたみの芯の部分をいいます。
主に3つの種類があります。

ワラ畳床

ワラ床昔からの天然稲のワラを何層にも重ね合わせ圧縮したマットで、浄化作用・吸湿放湿効果に優れていますが、重量があり、通気の良い環境での使用が望まれるため最近では特にご指定のない限りワラ畳床は使用されていません。

 

ワラサンド畳床

ワラサンド床断熱材をワラ畳床ではさみ断熱効果を強化した畳床です。ワラ畳床に比べ軽く、保温性があります。
また、ダニがつきにくく、感触はワラ畳床ににています。

 

オール建材床

オール建材床ボードだけで構成された畳床です。場所によって硬いやわらかいといった差が出にくく、堅く締まった素材感です。また、ダニや虫が浸入しにくく衛生的であり、丈夫で比較的長持ちします。

 

建材畳床

建材床もっとも普及しています。ワラを使わず発泡ポリエチレンフォームの断熱保温材を挟んだ断熱材で作られた畳床で、軽くて価格も比較的安く済み、保温性・断熱性にすぐれています。

 

伊藤園 さらり床(建材畳床)

伊藤園の「お~いお茶」の茶殻が配合された畳床があります。茶殻の有効活用、木材の使用量削減といった点で環境に配慮されている商品です。

さらり床について

 

畳床写真:全日本畳事業共同組合様提供/オール建材床 ダイケン

前へ移動
このページの上へ移動
次へ移動
 
表替えと新畳の種類と価格
 
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

畳ナビはトータルリフォームのすけみつが運営しています