床の間に床脇を造作した施工例です。間接照明なども設置し美しい和室となりました。(札幌市北区)


 
畳の施工例
メニュー

床脇を造作した施工例【札幌市北区】

床の間のある暮らしをご提案

N邸 札幌市北区

間取り:6畳和室
工事期間:3日
表替え・畳製作・リフォーム価格:約60万円
【施工内容】
床の間横の収納スペース解体
床脇造作(地袋、違い棚、狆潜り、萩窓、間接照明)
表替え、畳製作 壁紙貼替
施工年:2010年

>>北区のその他の施工例を見る

完成した床脇

和室が6畳間で狭いので、広く感じることができるようにリフォームできないかと思いすけみつさんにお願いしました。
もともとあった押入れを解体し、床脇を作ることをお勧め頂き プランニングと施工をお願いしました。工事範囲は最小限で、なおかつ雰囲気も一新し、自慢の床の間になりました。

「中間だけの壁」と「間接照明」で奥への広がりを感じるように、細工いたしました。
「中間だけの壁」には光が取れるように萩で作った桟に障子を組みこんでおります。
メンテナンスできるように取り外しも可能な形で細工しております。

狆潜りと特注畳

空間が広く感じられるように床の間と床脇の間に狆潜り(ちんくぐり・右写真)を設け、地袋、違い棚の厚みも狭くしております。そのぶん特注サイズの畳を一枚敷きこみ少しですがお部屋を広く致しました。

床の間と表替えした畳

本格的な和室のリフォームというのは年々件数が減っています。その中でこのようなリフォームをご依頼頂きとてもやりがいがありました。
和室ってとてもいいものだなと改めて感じさせてくれる美しい床の間に仕上がりました。

 

床脇について

床脇とは、床の間の横にある装飾的な空間のことを言います。
違い棚や地袋・天袋などの棚が設置され、とても美しい空間を演出してくれます。

 

狆潜りについて

和室の床の間と床脇とを仕切る壁の下方に設けられた開口部のこと指します。
犬の狆(チン)がくぐれるような隙間と言う意味でこの名称がついています。

前の畳施工例へ移動
このページの上へ移動
次の畳施工例へ移動
 

熊本県産の上質な畳はいかがですか?

国内で最大のい草生産地熊本の中でも、環境に配慮し、減農薬をこころがけたエコファーマーによる安心安全のい草を使用した畳表です。

>>熊本エコファーマー特級品

>>熊本エコファーマー特選品

>>熊本エコファーマーこだわり品

表替えと新畳の種類と価格
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

畳ナビはトータルリフォームのすけみつが運営しています