表替えをするとともに、劣化が激しい床1枚を交換しました。


 
畳の施工例
メニュー

表替え+抜差し【札幌市中央区】

樹脂表で表替えし、劣化が激しい一畳のみ新畳に交換しました。

縁で和室の印象がガラッと変わります。

札幌市中央区

工事期間:1日
価格:約12万円
【施工内容】
畳 表替および抜差し、障子 脱着 貼替工事
施工年:2013年

>>中央区のその他の施工例を見る

表替および抜差し、障子 脱着 貼替工事


 

施工前の様子

写真を見ても分かると思いますが、毛羽立ちがすすみ、畳縁も擦れている状態でした。
また、窓際の畳が他の畳に比べて、沈み込むのを確認しました。 小さい方の洋ダンスの上に、鏡があることから、鏡の前でお手入れをするため、その下の畳床が痛んで沈み込むようになったと考えられます。

施工前

 

施主様からの要望

「和室を綺麗にしたいので、どんな畳表を選んだらいいのか、相談にのってください。」
「障子の動きがきつく、さらに取れなくなったので、取外して動かし易く調整してください。 」とのことでした。

 

施工のポイント

畳の現場調査の際は、必ず全ての畳の上をグルグルと回って床の状態を確認します。
たまに、数枚フニャフニャになっている畳がありますので、その際は、状況を説明し交換をお勧めしています。

今回は、窓際の畳(小さい方の洋ダンス前の畳)が、一部フニャフニャしているのを確認しました。
このまま使うと、どんどん沈み込んでいくので、この1枚だけ交換することにしました。
表替工事をする際は、是非、痛んだ畳床も一緒に交換をしてください。
交換するケースが多い畳床は、入り口・仏壇の前・タンスの前・窓の前など良く歩いたり、止まったり、踏み込んだりする箇所になります。全ての畳を交換するケースは弊社では稀で、今回も1枚のみ交換でした。

畳表の種類は、今回は樹脂表をお勧めしています。
イ草の畳はやはり香りも肌触りも良いものですが、耐久性やお手入れのしやすさは樹脂表にはかないません。和室の使用状況や日当たりなど、お客様とお話ししたうえで最良の畳表をご案内させていただいております。

また今回は障子の動きが悪く、数枚の障子が抜けなくなっていることから、大工さんにお願いし、建具の脱着と調整をしてもらいました。(大工さんのお手伝いをしていたら、写真が撮れませんでした。)

施工後の和室はこちらです。

施工後の和室1

施工後の和室2

施工後の和室3

写真では、樹脂の表とはわかりませんね。
美しい純和室が完成しました。

 

施主様の声

樹脂表の色合いもイ草っぽく、とっても綺麗な仕上りにびっくり。縁も畳表に馴染んでいてとても気に入りました。 交換した畳が、凹まないのも良かったです。

 

担当者からの一言【工場主任:田川 学】

田川学樹脂表 美草は、拭き掃除ができる畳表ですので、綺麗好きな方にはピッタリの商品です。
また、ペットを飼っている方にもお勧めです。

こちらのお客様は、その後、トイレの改修工事も行いました。

お問い合わせはこちらから >>

前の施工例へ移動
このページの上へ移動
次の施工例へ移動
 
表替えと新畳の種類と価格
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

畳ナビはトータルリフォームのすけみつが運営しています