琉球畳についてご紹介しています。質感があり、味、存在感に溢れた琉球畳はとても魅力的です。


 
畳の種類

琉球畳と縁なし畳

琉球畳とは断面が三角状(普通のイ草は断面が丸)になっている大分県の特殊な「七島い草」で織られた高級畳表です。独特なざんぐりとした見た目が好まれており、草質がしなやかなため縁無し半畳することができます。

近年、縁なし半畳たたみのことを"琉球畳"と言って販売されていますが、本来琉球畳とは大分県のこの畳表のことをさしていて、ご依頼があれば、取り寄せて縁のある通常の畳に仕上げることもできます。

琉球畳は、仕上がりは表面がザラザラと毛羽立ち織目も不揃いですが、使い込むに従って毛羽立ちが取れ柔らかくなっていき味わいが深まります。

琉球畳
【琉球畳表】
表面がゴツゴツしていて人の手のぬくもりを感じます
普通の畳
【普通の表】織り目がなめらかで美しく整列しています
 

縁なし畳はフローリングなどに置いて気軽に使えるユニット畳(置き畳)と、通常の畳を半分の大きさで作り敷き込む畳があり、縁のない端の部分を納まりよく仕上げるため、おもに和紙やい草など目が細かく織られた表(目積織や綾織)や琉球表を用いて作られます。

前へ移動
このページの上へ移動
次へ移動
 
表替えと新畳の種類と価格
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

畳ナビはトータルリフォームのすけみつが運営しています