オフィスレイアウト、事務所デザインならココ!オフィスの移転、改装、イメージチェンジの際にご相談下さい!

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつ法人向けリフォーム 事務所デザイン

札幌のリフォーム店すけみつトップ > 法人向け > オフィスレイアウトと事務所デザイン

オフィスレイアウトと事務所デザイン

事務所施工例イメージ

「社員が増えて事務所が手狭になってきた…」「商談スペースを作りたい・・・」など、事務所デザインの変更は札幌すけみつのインテリアコーディネータがお手伝いいたします。動線確保、利便性の追求など高効率の事務所レイアウトにより作業性がアップするだけでなく、エントランスから続くイメージの統一を図ることができます。
また、オフィスを移転する場合は不動産の選定からオフィスレイアウトまで札幌と近郊地域の方にはトータルにアドバイスさせていただいておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

ゾーニング計画

オフィスデザインを考える時、まず一番初めに取り掛かるのがこのゾーニングです。
これは、ワークスペース・ミーティングルーム・応接スペースなどの大まかな間取りを決める作業のことです。
ここで、しっかりした計画を立てることが大切です。

業種によって、必要なスペースは変わってきますので、業務内容の特徴を考慮しながらまずは必要なスペースをリストアップします。そしてそのスペースが、社員だけが利用する場所なのか、来客が使用する場所なのか、両方が共有できる場所なのかということを確認します。
リストアップしたスペースと使用目的とを把握した上で、どの場所にどのスペースを置くかを決定します。ここがとても重要です。

ゾーニング計画例

右図は、あるオフィスのゾーニング計画例です。
来客と社員が共有するスペースは、入り口付近にまとめ、違和感なく境界を仕切っています。ゾーンをしっかり分けることで情報漏洩などの企業の信頼性を損なうような犯罪を未然に防ぐことにもつながります。

ワークスペース(社員専用)
ミーティングルーム(社員専用)
更衣室(社員専用)
倉庫スペース(社員専用)
応接スペース(社員・来客)
受付(社員・来客)
休憩室(社員・来客)

オフィスレイアウト

 

 

エントランスデザイン

エントランス

会社のイメージを決定づけるエントランス

オフィスの大切な"顔"となるエントランスをご提案いたします。
入念な打ち合わせにより企業コンセプトを反映させるのはもちろん、独自性を演出することで、周囲との差別化を図ります。

すけみつは自社によるデザインと自社施工が特徴。
無駄なコストを省くことができるため、その分たとえばオフィス内の内装を充実させたり、設備に予算を回すことが可能です。

打ち合わせに訪れる来客の第一印象を決定づけ、スタッフのモチベーションを維持するための重要な要素であるエントランスを、すけみつと一緒にプランニングしてみませんか。

 

オフィス内レイアウト

仕事効率を決定づけるオフィスレイアウト

コミュニケーションの必要性と間隔の度合い、また、パーティションや個室の確保など、最適なオフィスレイアウトは業種、職種、活動内容によりまったく異なり、プロの視点によるアドバイスと実際に使う人やそのフロアを統括する担当者との綿密な打ち合わせは欠かせません。

オフィス家具の選定はもちろん、ピッタリとおさまるオリジナル収納造作など、ユニークで使い勝手のよい事務所デザインをすけみつは実現します。

オフィスレイアウト
 

ここでは一般的によく使用されているワークスペースのレイアウトをご案内します。あなたのオフィス・業態にあったレイアウトにすることで、作業効率も良くなります。

対向式
対向式レイアウト
日本では一番多くみられるスタンダードなレイアウトです。グループ単位の島で分かれた形で配線などもしやすいです。
スクール式
スクール式レイアウト
学校のような配列で、銀行のような受付兼事務所によく見られるお客様に対して背を向けないレイアウトです。
 
背面
背面式レイアウト
お互いに背を向けて座るレイアウトです。スペース効率が良い上にプライバシーも確保されます。
対向式
フリーアドレス式レイアウト
個人に固定席を割り当てず共有席を用意するタイプのレイアウトです。外回りが多い業種に適しています。
このほかにも、その業種・業態にあったさまざまなレイアウトがあります。
ワークスペースを考える上でレイアウトとともに重要になってくるのは余白です。物と物との間(例えばデスクと仕切り壁の間など)が広いと、ゆとりを感じます。
この「ゆとり」がワーカーの快適指数を上昇させる大きな要因でもありますので「レイアウト」と「ゆとり」の均衡が図れるよう検討が必要です。

 

ミーティングルーム

声の通るミーティングルームでスムーズな会議を!

会議室は、業種により防音と遮音性能が問われるため、必要な場合は床、壁、天井まで充分な設計を行います。
また、声がよく通るような配慮も欠かせません。
一方、「開放感のあるさっぱりとした空間がよい」「間接照明を使い意匠性を重視した空間にしたい」など、ご予算、目的に合ったミーティングルームをご提案いたします。

ミーティングルーム
 
 
法人リフォームメニュー