社交ダンスのスタジオを新装させていただきました【札幌市西区琴似】

お問い合わせ
札幌のリフォーム会社すけみつ施工例・事例

札幌のリフォーム店すけみつトップ > 施工例・事例一覧 >社交ダンススタジオ新装工事【札幌市西区琴似】

社交ダンススタジオ新装工事【札幌市西区琴似】

今回施工させていただいたお客様は、当社のホームページをご覧頂いてお問い合わせくださいました。

DATA

社交ダンススタジオ新装工事
地域:札幌市西区琴似【札幌市西区の他の施工例を見る】
間取:約40坪 空テナント
施工期間: 15日
リフォーム費用: 約300万円
施工内容: 床上げ・床仕上げ・間仕切り・カガミ取付・内装工事
施工年:2011年

完成した社交ダンススタジオ

 

施工前の現場の様子

施工前のテナント内部は以下のようなものでした。
何も無い空間でしたので、床をダンスフロア用に変更するとともにスタッフルームや更衣室などを設置する必要があると感じました。

施工前の空きテナントの様子

 

施主様からの要望

床の材質を無垢材(カバ゙材)で仕上げる事をご要望されておりました。

 

施工の様子

床の施工がメインのダンススタジオ改修ですが、下の平面図のように
スタッフルームや更衣室を作ったりカウンターも設置する施工となりました。
平面図

 

収納&スタッフルーム

まずは何も無い空間に収納とスタッフルームを作る様子をご覧ください。

下の写真は施工前のテナント(スタッフルーム及び収納を設置する場所)の様子です。
赤く色がつけられている部分が収納とスタッフルームになる予定の場所です。

施工前のテナント

下向矢印

間仕切りを設置しています。空気の流れを作るために上部には開口を設けています。

スタッフルーム・収納施工中の様子

下向矢印

完成した収納とスタッフルームはこちら!

スタッフルーム・収納

スタッフルーム内の様子も撮影しました。
可愛らしいピンクの内装です。

スタッフルーム壁

上部の開口をスタッフルーム側から見るとこんな感じです。

上部の開口(スタッフルーム側から撮影)

床もピンクになりました。素材はビニール製の長尺シートです。

スタッフルームの床

下側には二つの開口があります。
スタジオで飼われているわんちゃんのために開けた開口です!

開口01

開口02

 

更衣室

スタッフルームや収納と同様に、更衣室も作りました!

更衣室施工前後の様子

更衣室の中はこのようになっています!

更衣室の中

更衣室には大きめの鏡も設置されていますので
服装のチェックや化粧直しなどもできますね。

更衣室の中(姿見)

 

鏡設置

ダンスフロアと言うことで、大きな鏡を3箇所に設置しました。
(スタッフルーム・更衣室の鏡は除く)

鏡01

鏡02

鏡03

 

圧巻の床施工!美しいダンスフロアが完成するまでの様子をご覧ください

今回のメイン施工でもある床上げと仕上げの様子をご覧ください。

まずは施工前の床の状態から・・・

施工前のテナント床
写真中央より少し右側にあるのが入り口ドアです。
更衣室側からフロア全体を撮影しています。
この床に根太(床板を張るための下地になる横架材)を組んでいきます。

下向き矢印

こちらは30ミリ高の根太を組んでいる様子です。
根太組みが終わったら間にスタイロホームを敷き詰めていきます。

根太組

下向き矢印

本来であればスタイロホームではなく防音シートを入れるのが適切ではありますが
今回のテナントは建物を建てる際に最初からダンスフロアにする予定でしたので
建物自体の構造が良かったことと、価格面の問題でスタイロホームを入れることとなりました。
一面隙間なく入れていきます。

スタイロホーム施工中

下向き矢印

スタイロホームを敷き詰めたら9ミリのベニアを敷きその上に12ミリのベニアを二重に敷いていきます。
そうすることでダンススタジオに適した適度なクッション性と強度を実現させます。

ベニヤはり

下向き矢印

ベニヤを貼り終えたらカバの無垢材を貼っていきます。
床に糊を付け、貼っていく様子は「これぞ職人技!」という感じです。
こちらは動画もございますので是非ご覧ください。

無垢材貼りの様子

下はのり付け・貼りの様子を撮影した動画です。
職人の技をごゆっくりご覧ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

動画でも見ることが出来ますが、壁とフローリングの間に8ミリほどの隙間を設けています。
今回使用したフローリングはカバの無垢材のため、温度・湿度などにより伸縮します。
ぴっちりと敷き詰めてしまうと伸縮した際に反り返ったりしてしまいます。
ですのであらかじめ遊びを設け、自然素材の伸縮に対応できるようにしているのです。
最終的には隙間には専用のゴムを貼り仕上げます。

40坪の床貼りを職人2人 一日がかりで作業しました。

壁と床との隙間

下向き矢印

フロア貼りが完了したら、研磨・掃除・塗装の作業に入ります。
フローリングを貼っただけだとフローリング一枚一枚に微妙な段差が出てしまいます。
ですので研磨して平らにします。削りくずなどを掃除し塗装を施すのですが、
この作業は全部で4回繰り返しました。
そうすることで、フラットな床面と強度を実現します。

下の写真は研磨作業一回目の様子です。

研磨一回目

研磨作業の動画もございますのでご覧ください!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

機械が届かない隙間も手作業で丁寧に研磨します。
職人さん 全身粉まみれになりながらの作業です。

壁際の研磨

下向き矢印

研磨が終わったら掃除をし床面をきれいにします。

掃除

下向き矢印

一回目のウレタン塗装の様子です。

一回目塗装の様子

下向き矢印

その後もこの作業を繰り返すこと4回…

研磨・塗装2回目

下向き矢印

その間に、前述の壁とフローリングの隙間をゴムでうめる作業も行いました。
隙間にボンドを打って、ゴムをはめていきます。

ゴム貼り

下向き矢印

下は最後の塗装を行った部分(写真奥)と塗装していない部分(写真手前)の比較写真です。
この違い 写真でもはっきり分かりますね!

仕上げ塗装した部分としていない部分

下向き矢印

完成した床がこちらです!

完成した床

 

このほか、入り口のドアを移設し施工完了となりました。
写真手前にあったドアを奥に移動させています。壁・天井などの質感の違いで
移設されたのが分かるかと思います。
ドア移設

 

完成した社交ダンススタジオの様子

磨かれた床が美しいダンススタジオの様子を写真でご覧ください!
こちらのダンススタジオのカラーがオレンジと言うことで、巾木や柱にオレンジを採用しました。
ポップで明るい印象になりましたね。

テナント入り口から自然光のみで撮影。
自然光

窓側から一番大きな鏡を設置した面を撮影。
鏡

蛍光灯をつけた状態で撮影。
美しいですね!
施工完了03

スタッフルーム・カウンター部分を撮影。
スタッフルームの壁の2箇所にスクエア型の開口があるのが分かりますでしょうか?
これは、前述にもあるとおりダンススタジオの看板犬がスタッフルームから外をのぞくために作りました。
施工完了04

カウンター部分を撮影。
白にアクセントとなる巾木のオレンジが美しいですね!
カウンター部分施工完了後

ステキなダンススタジオが完成しました!

 

 

 

担当者からの一言 【澤野 優二】

澤野優二完成後、実際にダンススタジオ内で音楽を流してみましたが、その際奏でる音が割れていて何か不備があったのかとドキドキしました。機材側の問題と言うことが分かりほっとしました。
床には十二分に注意を払い、傷一つ付けないよう心掛けました。

 

他の施工例もご覧ください
施工例一覧ページへ戻る

店舗テナントリフォームページもご覧ください
店舗テナントリフォーム