バリアフリー住宅に必要なツールにはどのようなものがあるのでしょうか。ここではバリアフリー住宅リフォームの項目を具体的にあげています。

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつバリアフリーリフォーム

バリアフリー住宅リフォーム

バリアフリー住宅

バリアフリー住宅の改修工事にはあらゆる項目があり、今すぐ必要なものなのか、将来のためか、また、今必要であるなら、疾患の程度と現在の住宅事情により必要とされる内容は異なります。

家族構成も重要です。今は夫婦二人であっても、将来子供に住宅を譲る予定であったり、現在共に暮らしている場合は、障害のある人と健常な人が両者共幸せに暮らせる空間を考える必要があります。

ここでは、関連する商品にも触れながら、バリアフリー工事を行う時期に合わせたアドバイスと、おすすめするバリアフリー工事の項目をご紹介していきます。

ぜひあなたの家のバリアフリー化にお役立てください。

 

 

今すぐ必要なバリアフリー住宅リフォーム

加齢に伴う随所の工夫

はじめは時々だった腰や足の痛みが、加齢により頻繁となり痛みも増してくると、なにか動作をするときに憂鬱になったりします。そんな時、家族のちょっとした言葉や気配りがあると元気がでるものですね。
同じように、住まいにも随所に気配りがあると、暮らしが少し明るくなります。

腰掛ベンチ
補助椅子を取り付ける

ダイケンの壁厚収納「かべピタ」格納イス?やTOTOの「たためるベンチ」は、壁内に収納できる補助椅子です。簡単に引き出すことができ、使わないときは収納できます。
玄関では靴の着脱を、脱衣室では衣類の着脱を助けます。

 
階段の手すり
階段をリフォームする

足や腰の痛みが出てくると、階段の登り降りがつらくなってきたり、つまづいて転倒する危険がでてきます。
手すりを設置したり、図のようなつまづき防止リフォームを行うことで、比較的安全を確保することができます。

 
元気がでる畳ウララ

温かさで体を労わる
年を重ねると特に堪えてくるのが“寒さ”。暖房の設定温度を少し高くしていてもまだ寒いと感じることも…。そんな時におすすめなのが東海機器工業の“元気がでる畳うらら”遠赤外線畳で芯から体をあたためます。寝室やリビングに簡単に置くことも、敷きこむこともできます。

TOTO段差解消スロープ

床の段差を改善する
歩行に支障がなくても、ちょっとした段差につまづく…そんなことが気になりだしたらまずはこのスロープを試してみませんか?大げさな工事は必要とせず、間口に合わせて簡単に施工することができます。

 
 
階段の手すり
玄関〜廊下の手すり

玄関や廊下に手すりをつけるなら、訪れる人に見せたくなるような美しい手すりにしませんか?ToToの手すり「メープル」は、北米産のメープル天然木材を使用した北欧風のデザインです。長さ、カラーにもバリエーションがありますので、住まいのイメージとコーディネートも楽しめます。

 
 

病気や事故の障害に伴うバリアフリー改修

重い病気で足や体の一部が麻痺するなど、車椅子での生活を余儀なくされた場合、玄関や室内ドアを引き戸にする、間口を広げる、バスリフトを取り付ける、トイレを車椅子仕様にする、ユーティリティを広げるといった最低限必要なリフォームが出てきます。
2階への移動がどうしても欠かせない場合は、階段昇降リフトやホームエレベータも検討しなければならないでしょう。

こうしたケースでは費用面でも大変な負担が想定されるため、自治体などによる助成や支援の体制を知ることが大切です。
介護認定を受けた人は介護保険の助成を受けることができ、ケアマネージャーによるバリアフリー改修のプランニングが行われます。

また、札幌市の場合住宅資金融資制度を実施しています。これは、バリアフリーリフォームを行う市民が無利子で改修費用を借りることができる制度です。条件や限度額などしっかり情報を得てサービスを利用することをおすすめします。
>>札幌市住宅資金融資制度 (※年度により実施内容に変更がある場合があります詳しくは左記札幌市HPを参照ください)

 

バリアフリードアとアコーディオンカーテン通路の確保
車椅子で住宅内や外を行き来するために、これまでの開き戸を引き戸に改善したり、間口を広げなければならないことがあります。
引き戸であっても車椅子の幅が満たないことがあります。 幅を充分に確認してからの施工が望ましいでしょう。また、手の力が弱いと少しの段差やの凹凸が超えられない場合もあります。アコーディオンカーテンを採用すると、下レール敷居がなく室内の行き来が楽です。
床を上げ段差を完全になくす工事をご要望の際にもすけみつへご相談ください。

ウェルライフ
ユニバーサルデザインのキッチン

体の自由度が少なくなっても、これまでやってきたことを続けたいと願う人はたくさんいます。このような希望に応え工夫を凝らした商品が開発されています。サンウェーブのキッチン「ウェルライフ」もそのひとつ。座ったままの生活の方はもちろん、立仕事がつらくなってきた高齢の方にとっても嬉しい設計です。カウンターの高さは選ぶこともでき、レンジフードも座ったまま操作できます。

 

将来のためのリフォーム

多くの高齢者は、体に不自由が生じても慣れた現在の住宅に住み続けたいと願っています。反面、元気で体が動くうちは“体が動かない自分”や“必要な対処”は想定しにくいもので、住宅のバリアフリー化は後回しになりがちです。

必要になった時に慌てて対処・・・ということでは、時間にゆとりがないうえに改修箇所や費用面も嵩みます。必要なすべての改修ができず、リフォームをしたのに自立が難しいといった問題も生じかねません。

何か小さなリフォームを行う際に、早い段階であっても少しずつできることを取り入れていくことで、将来に備えることができます。また、設備や建具により耐久年数や交換、改装のペースは異なりますが、住宅のどこかをリフォームする際には「次に交換するのはいつなのか」ちょっと考慮に入れ、場合によっては早めにバリアフリー仕様を取り入れておくとよいでしょう。

浅めのバスタブを選ぶ

浅めのバスタブを選ぶ

INAXのプレシオはユニバーサルデザインのユニットバスです。段差がなく、3枚引戸にも対応しており、足元の冷たさを解消するサーモフロアをつけることもできます。浴槽は低めなので足をあげて入る動作が楽です。

洗面化粧台にも一工夫

洗面化粧台にも一工夫

TOTOの座ってラクラクシリーズ や、フェアリーシリーズ、INAXクラリスⅡシステムタイプは洗面カウンターの下が空いたユニバーサルデザインの洗面化粧台です。車椅子でも自立して身支度ができます。

 
滑らない床を

床材は滑らないものに

大建工業のおもいやりフロアはキャスター付き椅子や車椅子の走行による傷に強い、木フローリングです。
滑りにくい表面加工を施しているため転倒事故の予防におすすめです。

階段にも一工夫

階段にも一工夫

階段のリフォームをする際可能であれば勾配を緩くしてはいかがでしょうか。段差が見えにくくなる場合を想定してスポットライトを設置しておけばさらに安心です。

 
 

浴室とトイレのバリアフリーリフォーム、手すりに関してはさらに詳しくご紹介しています。リンク先をご覧ください。

浴室バリアフリー

浴室バリアフリー
簡単に操作できる水栓など浴室のバリアフリー化をご提案します。

バリアフリートイレ

バリアフリートイレ
バリアフリートイレの機能と特徴をご紹介しています。

 
手すり設置

手すり設置
浴室やトイレ、洗面脱衣室への手すり設置について

 

バリアフリー自己診断

ご自宅のバリアフリー度を簡単に自己診断していただけます。

リフォームメニューへ