スノーダクト方式屋根からの漏水 心配ですよね。しっかりメンテナンスして快適に過ごしましょう

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつ漏水対策

スノーダクト屋根の漏水対策

スノーダクト方式の屋根 毎年点検していますか

漏水事故などが起きないよう、年に一度は点検しましょう!

スノーダクト屋根・漏水した現場の写真 

スノーダクト屋根北海道で多く見られる屋根のひとつにスノーダクト方式と言うのがあります。
この屋根はM字型をしており、M字部分に溜まった雪がヒーターや生活排熱で暖められスノーダクトにゆっくり流れ込むように設計された屋根のことです。
通常は溝の部分を覆い隠すようスノコや専用カバーを設置し枯葉などのごみからダクトを守り雪どけ水がゆっくり流れ込むよう配慮しますが、中にはそのようなカバーがまったくついていない屋根もあります。
カバーが付いていない、もしくは付いていたカバーが外れたり壊れたりした場合、ごみが溜まって水が流れなくなり最悪の場合漏水することもあります。


 

スノーダクト屋根 漏水の原因

上でも書きましたが、漏水の原因には以下のようなものが考えられます

スノーダクトにごみが溜まっている様子
1.ダクト部分にカバーがなくゴミが溜りパイプを塞いでしまった
すのこが壊れてスノーダクトをふさいでいる様子
2.スノーダクトカバーが壊れ、スノーダクトをふさいでしまった
パイプが破裂した
3.何かの原因でパイプに水が溜りそれが凍結してパイプが破裂した

このような原因で漏水事故が起こります。
定期的に屋根に登りチェックすることで問題回避できる場合が多くあります。 漏水事故の多くは、スノーダクトの許容量以上の大雨が降った後や、雪が溶ける春に起こりやすいものです。
ですので、夏の終わりや雪が降る前の天気の良い日に屋根の点検をすることをオススメします。

理想的な屋根の状態


 

屋根点検の注意点

定期的に屋根を点検する必要があるのが、このスノーダクト方式の屋根ですが、点検する時の注意点をご案内します。

1.ダクト部分にカバーが付いているか。

屋根中央の溝がスノコや専用カバーで覆われているかどうかを確認します。 溝がおおわれていない場合は、溝部分に沢山の堆積物があるはずです。漏水事故が起こる前に掃除をしカバーで覆います。

2.カバーが壊れていないか。

木製のスノコの場合劣化が進むと壊れてダクトをふさいでしまいます。せっかくスノコが敷いてあってもこれではまったく意味を持たないどころか、漏水事故の原因ともなりかねません。

3.溝の中に枯葉や泥などのごみが溜まっていないか。

すのこや専用カバーで覆われていたとしても、溝の中にごみがあればしっかり掃除してください。ゴミがたまると漏水事故の原因となります。

4.屋根本体とダクト(溝)との接合部に隙間が無いか。

コーキングが劣化するとそこから水漏れをする場合があります。

理想的なスノーダクト屋根のイメージ

毎年、枯葉が落ちる頃〜雪が降る手前までの間の天候のよい日に屋根の点検をすることをオススメします。

屋根漏水工事施工例をご覧ください!
施工例一覧ページへ戻る

屋根についてのページもご覧ください!
屋根について

落雪対策ページに、スノーダクト方式の屋根について掲載されています。
落雪対策

屋根の雨漏り・すがもれはこちらもご覧ください。
雨漏り・すがもれ

リフォームメニューへ